モンスターカレンダー

« 2011年5月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Excel2007の表からHTMLテーブルタグを簡単生成する方法

| Windows
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ記事を書いていて特に面倒だと感じるのが、表の挿入です。
ちまちまHTMLを記述しなくてもWEBサイトを公開できるのがブログの良い所ですので、なにか楽はできないかとツールを探してみました所、EXCELのアドインXLS2HTMLTableで簡単に実現できそうです。



◆XLS2HTMLTableの動作環境

動作OS:WinMe,Win2000,Win98,Win95,WinNT
EXCELバージョン:Microsoft Excel 2000およびExcel97

※Windows7 64bit版 + EXCEL2007 32bit版の環境で動作確認を行います。


◆XLS2HTMLTableの入手

まず、VectorからXLS2HTMLTableをダウンロードします。
記事時点ではバージョン0.6.02βが公開されています。
ダウンロードした、xls2htmltable.0.6.02beta.lzhを解凍してXLS2HTMLTable.xla


◆XLS2HTMLTableのインストール

1.メニューボタン>>EXCELオプション


2.セキュリティセンター>>セキュリティセンターの設定


3.信頼できる場所>>新しい場所の追加


4.参照>>XLS2HTMLTable.xlaファイルを保管したフォルダを指定


5.フォルダの追加を確認>>OK


6.アドイン>>設定


7.参照>>XLS2HTMLTable.xlaを選択


8.OK


アドインタブが追加されればインストール完了


◆EXCLE表からHTMLテーブルタグを生成してみる

1.作成したEXCEL表をアドインタブで選択>>XLS2HTMLTableボタンクリック


2.必要に応じてオプションを設定>>Execute


出来上がりです(*´∀`)


◆まとめ

XLS2HTMLTableの現バージョンは、2002年5月21日に公開されたものですので、多くの方が既にご存じのツールだと思いますが、自分も含めて初心者は常に生まれていますので、今回記事にしてみました。
とても便利なので、ブログ運営を始めた方は使用してみて下さいね(*´∀`)



この記事がお役に立てましたら応援をお願いします^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IE9インストール後の不具合
  2. 共有フォルダへのアクセスを確認する方法
  3. EXCELでメール送信
  4. IE9の速度を計測してみた
  5. IE9をインストールしてみた
  6. LAN内のWindowsPCのフォルダ・ファイルを操作する
  7. Windowsコマンドをテキストにリダイレクト
  8. FC2ブログに自動ログインして投稿するスクリプト
  9. WinsowsでDNSサーバーのIPアドレスを調べるコマンド
  10. Windowsでホストまでのルートを調べるコマンド
  11. WindowsでIPアドレス・ホスト名を取得するコマンド
  12. Windowsでシンボリックリンク
  13. PrintScreenの無効化

コメントする






MT42BlogBetaInner

ブログ管理人:Tama


管理人のTamaです

メールフォーム
メールフォーム

トップページーリンク

おすすめレンタルサーバー

★初期費用半額+最大2ケ月無料キャンペーン中!
おすすめレンタルサーバー! ミニバード

おすすめテンプレート

★MT・WP用SEOテンプレート!
クールでかっこいいMT&WordPressテーマ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)