モンスターカレンダー

« 2015年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

サイトマップ作成ツール

sitemap.xml作成ソフト SitemapMaker -Local-


 

SitemapMakerとは

SEO対策のひとつとしてサイトを作成した場合は、sitemap.xmlを作成する事が

推奨されているようです。

sitemap.xmlを作成するツールは多く出回っていますが、規模の大きなサイトに

対応しているものを見つける事が出来なかったため自作してみました。

sitemap.xmlは仕様として、1ファイル10Mbyte以内、URL50000個以内の制限が

あります。

上記を超過する場合、インデックスファイル(1000個のsitemap.xmlの登録が可能)を作成し、

また必要に応じてsitemap.xmlをgzip方式で圧縮する必要があります。

sitemap.xmlはサイトを更新する度に再作成するものなので、インデックスファイルの

作成や圧縮の自動化は手間が省けて良いのでは思います。


機能

ローカルフォルダを読み込んでsitemap.xmlを生成します。

オプション設定により、49999URLで自動的にファイルを分割してインデックスファイルを

生成できます。

オプション設定により、gzip方式でsitemap.xmlを圧縮できます。


使用条件

当サイトへリンクしていただく事で、無料で利用が可能です。

SitemapMakerを使用してsitemapを作成するサイトからhttp://kibanteam.com/へ

リンクをお願いします。

また本ソフトウェアの使用に関して生じる一切の損害について、作者は責任を

負うことは出来ませんので、予めご了承頂いた上でご使用下さい。

動作には、.NETFrameworkの2.0以上が必要です。


使用方法

レジストリは使用していませんので、ダウンロード後に圧縮ファイルを展開し、

すぐに利用が可能です。


(1)フォルダパス: 

  作成するサイトのローカルフォルダを指定します。

(2)WEBアドレス: 

  サイトを公開するURLを指定します。

  (1)で指定したフォルダパスを(2)のURLに置換えで処理を行います。

(3)対象ファイル: 

  オプションでPDFファイルを対象にする事が出来ます。

(4)除外ファイル: 

  サイトマップを作成しないファイルを指定します。

(5)インデックスを作成: 

  sitemap.xmlを分割し、インデックスファイル(sitemapindex.xml)を成します。

(6)ファイルを圧縮: 

  sitemapファイルをgzip形式で圧縮します。

  (5)でインデックスを作成する場合、sitemapファイルへのパスは圧縮ファイルとなります。

(7)カウント表示単位: 

  表示単位毎に処理状況を表示します。

  表示単位を小さくすると、処理速度が低下します。

(8)XML作成>sitemap.xml生成:

  sitemap.xml生成を実行します。


 ※バグ等があれば、本ブログにコメントいただければ、出来る限り対応します。


ダウンロード:  SitemapMaker.zip

コメントする






MT42BlogBetaInner

ブログ管理人:Tama


管理人のTamaです

メールフォーム
メールフォーム

おきてがみ


トップページーリンク

おすすめレンタルサーバー

★初期費用半額+最大2ケ月無料キャンペーン中!
おすすめレンタルサーバー! ミニバード

おすすめテンプレート

★MT・WP用SEOテンプレート!
クールでかっこいいMT&WordPressテーマ

ブログパーツ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)