MENU

消費者金融の借金返済のポイントは?

 

消費者金融は、審査にさえ受かればとりあえずお金は貸してくれます。
しかし、それでいいのでしょうか。
総量規制があるとはいえ、あくまでその規制は参考程度で、それでもお金を返済することができない人が増えています。

 

これは、ほとんどの場合が無計画なお金の借り方をしていたことが原因で、責任は融資を受けた人にあるのです。
貸した業者が悪いのか、借りた自分が悪いのかという話になってしまうのですが、違法業者であったとしても、結局借りた自分が悪いというのが現状です。
お金を借りるという行為は、借りるだけではなく、返済できるかどうかをしっかりと考えて申し込まなければなりません。

 

もちろん、違法な金利を押し付けてくる場合は業者が悪いということになりますが、お金の工面ができずに返せないというのは、借りた側が悪いことがほとんどなのです。
そうならないためにも、まずはしっかりと返済プランが見えるかどうかをチェックしなければなりません。
大手の消費者金融のサイトをチェックしていると、融資を受けられるかどうか、返済はどのようなプランが立てられるかをシミュレーションできるサービスを備えているところがあります。

 

このようなサービスを使えば、金利も含めた計算が可能ですし、自分でも、毎月このくらいなら返済ができるという予定は立てられるでしょう。
ただ、借りるだけではなく、返すところまで…つまり、先を見据えた融資を考える必要があるのです。
どうしてもまとまったお金が必要となると、消費者金融に融資を受けにいってしまいがちですが、その前にひとつ、自分の中でプランが立てられるかどうかを先に検討しておくようにしましょう。

 

借金返済方法が複数ある消費者金融

 

どこの消費者金融にしようかと悩む際に、意外と忘れてしまいがちなのが、返済方法についてです。
大手の消費者金融だと、専用のATMを各地に配置しており、そこから返済できるようにしている所もあります。
その一方で、中小の業者になると、直接店舗へ行くだけのパターンも考えられるでしょう。

 

しかし、体調が悪くなってしまったり、仕事の都合などでどうしてもいけなくなってしまったりと、さまざまなトラブルが発生することも考えられます。
そこで確保しておきたいのが、複数の返済方法なのです。

 

今では、コンビニエンスストアやデパートに併設されているATMやネット銀行による返済、直接口座へ送金する方法などの手段が確保されています。
中には、銀行から引き落としを自動でかけてくれるというサービスを展開している業者もあるほどです。
返済方法は、どれか一つに決めなければならないとなると、万が一間に合わなかったときに遅延損害金につながることもあり、自信の信用情報に傷をつけることになってしまいます。

 

信用情報が悪くなれば、他のローンやキャッシングを利用する際にも不都合が起きてしまい、面倒なことになるパターンも考えられるのです。
融資というと、金利や上限額に目がいってしまいがちですが、返すということについても考えておきたいものです。
このように、複数の返済方法が用意されていることで、自分の生活に合った返済方法が選択できる業者を選ぶことも消費者金融の選択方法のひとつと覚えておきましょう。

 

変な消費者金融で借金するな!

 

特に、融資の申し込みをして、どこの消費者金融でも断られてしまった人に覚えておいて欲しいことがひとつあります。
それが、借りられないからといって、適当に貸してくれる所に流れないで欲しいということです。
消費者金融の融資における審査基準は、それぞれ独特の項目はあったにしても、基本は同じです。

 

つまり、A社で借りられないということは、同じ条件ではB社でも借りられないと言う可能性が高くなります。
しかし、同じ条件で何件もアタックしていたのにもかかわらず、ずっと借りられなかったのに、ある会社でいきなり全額OKが出てしまった場合は気をつけなければなりません。

 

これは、大手で断られ続け、名前も知らないような消費者金融に手を出した人に多いのですが、違法操業をいている業者の可能性があります。
違法操業の業者は、違法な金利を押し付けてくるだけでなく、取り立て行為も激しいことが多いです。
自分の生活を考えると、決して良くない選択肢です。業者の脅し文句として、家までおしかける、会社や親戚にいたるまで取り立てるというものがありますが、実際にはそのようなことはほとんどありません。

 

しかし、違法操業の業者の場合、本当に取り立てに来て、トラブルになってしまったこともあります。
お金を借りただけで、人生がめちゃくちゃになってしまう…このようなことは、絶対に避けておかなければなりません。
そのためにも、いきなり審査に通り、知らない会社からOKが出た場合は、正規の貸金業者かどうか、評判などをよく調べた上で、融資を受けるようにしておいた方がいいでしょう。